HOME > PROFILE

自己紹介・実績

氏名

【写真】安藤未緒

安藤未緒 (Mio Ando)

主な仕事

ヴォイストレーナー、ヴォーカリスト、アーチストプロデュース、バックコーラス、コーラスアレンジ、作詩・作曲・編曲etc

出身

大阪 5月30日生まれ双子座

略歴

  • 3歳からピアノ、5歳で作曲を始め、幼くして数々の賞を受賞
  • ’91年に渡米、バークリー音楽院に入学、ジョアン・ホイットカー、マギー・スコットら数々のアーティストを手がけた講師陣に師事、ヴォーカリストとしてのボディ・エクササイズや発声法などを学び、’95年帰国
  • 国内にてライブ活動後、再び渡米、独自のヴォイストレーニング法をまとめあげ、ボストン、ニューヨークにおいてヴォイストレーナーとして活動する傍ら、Barなどでライブ活動
  • ’97年4月「ミュージックスクール ヴォーカリスツ・ヴィレッジ」専属主任トレーナー就任
  • ’02年10月 ミニアルバム「Magic Box」リリースリリース後初の全国ツアー実施
  • ’03年9月 都内ライブ活動開始
  • ’03年10月 韓国ライブツアー開始
  • ’03年11月 Mio Ando Voice-training Association設立独自のヴォイストレーニング法によるヴォイストレーニング、インストラクターの養成を始める
  • 「avex新人アーチスト育成合宿」にヴォイストレーナーとして参加(春、夏、冬 年3回 第1回目~第3回目の現在まで)
  • ’04年4月 札幌「セットアクターズスクール北海道」講師就任
  • ’04年4月 BSフジ「GO GO EIGO!」番組挿入歌楽曲提供及び歌唱並びに出演
  • ’04年5月 韓国ライブツアー(地元韓国のバンドをバックに活動)
  • ’05年6月 第一回韓国国際ジャズフェスティバル 韓国38度線にて世界平和コンサートに参加
  • ’05年12月 フジTV月9ドラマ「キケンなアネキ」出演
  • ’06年6月 「安藤未緒 Perfect Voice Association Music School」都内にて開校
  • ’06年6月 (株)ミニミニ城南 企業向け講習会を行う
  • ’06年7月 ラ・ピュータ リフレクソロジースクール 講習会を行う
  • ’06年10月 「パーフェクトヴォイス 大阪校」開校
  • ’07年3月 Rix Mix.TV「MIO ANDO パーフェクトヴォイス(仮)」を開講予定そのほか 「エイベックス・エンタテイメント株式会社」にて10年前より現在まで、新人育成を行っている

出版物

  • ミニアルバム「Magic Box」
  • ビデオ・DVD
  • 「ヴォーカル完全攻略 Vol.1 ボディエクササイズ編」
  • 「ヴォーカル完全攻略 Vol.2 テクニック編」
  • 「ヴォーカル完全攻略 Vol.3 上級実践編」(シンコーミュージック)
  • 書籍 ‘04年1月「安藤未緒のパーフェクト・ヴォイス エクササイズ」(シンコーミュージック)

実績

ヴォイストレーニングを行った主なアーティスト

日本人アーティスト、俳優、モデル

ICONIQ、天方直美、新垣結衣、E-girls、今井りか、今市隆二(三代目Jsoulbrothers)、上杉柊平、EIKI(Vimclip)、柄本時夫、遠藤久美子、大石参月、大野雄大(Da-iCE)、唐渡吉則、嘉陽愛子、川越 春奈、吉川友、GiFT、木村剛、CHRIS、劇団番町ボーイズ、倖田來未、サエキけんぞう、斉藤未知、SAKU、さくらしめじ、佐香智久、佐田真由美、佐藤萌未、澤井杏奈、沢村一樹、島谷ひとみ、Janne De Arc、杉野遥亮、菅田将暉、SweetS、鈴木聖奈 、鈴木蘭々、SPARKLING JAMM BRAND、染谷将太、高橋優、AAA、DISH//、dos、MCMAMUSHI 、dream、dream5、成田凌、乃木坂46、花村想太(Da-iCE)、尾藤桃子、福原遥、Pool Bit Boys、FoxximisQ、松下萌子、松本莉緒、misono(day after tomorow) 、MEG、YURIMARI RAM RIDER、横浜流星、RUPPINA、Rin’、若槻千夏 (50音順) 他多数

海外アーティスト

ジャッキーチェン事務所所属の新人アーティスト「エディソン・チャン」、
韓国のアーティスト「ジョエン」「mi:ne」、「EXID」
台湾映画『五月の恋』主演女優の「リュウ・イーフェイ」、
フランスのトップモデル「デルフィーヌ」
他多数

受講生の感想・原文

20代女性 コールセンター業務

顔が見えず電話のみでコミュニケーションをとるため、声だけで相手に信頼してもらわなければいけない。
声が聞きとりにくかったり、自信がなさそうな話し方をすると不安を感じた相手が瞬時にイライラし感情的になりやすいため、相手に安心感を与え、心地よく聞いてもらえるように腹式呼吸で声の高さを意識し、少しゆっくりめの話し方を心がけると、徐々に相手の声や口調も好意的に変わっていくので、毎日いろいろな人と話するなかで、声が与える印象や影響力がいかに大きく、大切なのか感じています。

20代女性 受付

訪問者に一番最初に会う仕事で、会社のイメージにも関わるので 挨拶には大変気を使っています。相手との距離や状況に応じた声の大きさ・声のトーンを使い分けることによって、 「おはようございます」の一言がこんなにも変わるものなのかと驚きました。またカツゼツよくハキハキとしゃべるれるようになったことで余裕がもて、 以前よりも落ち着いて対応が出来るようになったと感じています。

お問い合わせ・面談申し込みはこちらから